写真 撮影地 撮影小技

【絶景日本!美しい日本の風景を撮る】世界に誇る神戸大橋のレーザー照射 ~兵庫県~

神戸大橋

  • カメラ       :Sony α77-Ⅲ
  • レンズ       :Sigma 10-20mm F4-5.6 EX DC /HSM
  • 絞り        :f9
  • 露光時間      :33 seconds
  • ISO         :100
  • 焦点距離      :10mm
  • ホワイトバランス  :Mnual
  • フィルター     :None
  • 日付        :December 10 , 22:53 pm

 

私が出会った日本の絶景をご紹介。

今回は兵庫県神戸市にある神戸大橋をご紹介します。

こちらに日本の絶景を集めましたのであわせてご覧ください。

 

 

神戸大橋

■神戸大橋(ポートアイランド北公園)

  • 住所・・・・・兵庫県神戸市
  • アクセス・・・ポートアイランド線 中公園駅より徒歩10分・JR神戸駅より車で10分(4.5km)
  • 駐車場・・・・駐車場あり(150円/時間・約80台)
  • 営業時間・・・無し
  • 定休日・・・・無し
  • トイレ・・・・無し
  • 売店・・・・・無し

神戸大橋は神戸空港につながる人工島ポートアイランドと神戸市街地を結ぶ連絡道路として建設された、ダブルデッキ構造のアーチ橋です。

1970年竣工の橋ですが、その洗練された美しさと佇まいから50年経っている橋とは思えないほど。

真っ赤に塗装された神戸大橋は、神戸ポートタワーとともに、高度成長期のみなと神戸を代表する建造物でもあります。

 

一見すると1本の橋のように見えますが、実際はポートライナー(鉄道)専用のポートピア大橋が神戸大橋と並行に架かっている珍しい構造の橋です。

自動車、鉄道のほかに歩行者用の道もあるのでさまざまな方法でアクセスができ、また橋の途中の景観も堪能することも可能な橋です。

 

赤く塗装された独特の形状の神戸大橋。夜間は橋全体がLEDで照らし出され、圧倒的な存在感をかもし出しています。

そんな神戸大橋ですが、ひと月に5回前後に4つの光源によるレーザー照射を行う『上空照射』のイベントを行っています。

大型クルーズ船の入出港や神戸港周辺のイベントに合わせて実施されるもので、照明デザイナーである石井幹子により監修されたライトアップ企画です。

 

 

 

神戸大橋周辺の撮影地と行き方

神戸大橋の周辺にはポートアイランド北公園をはじめとして、いくつかの撮影地があります。

ここでは、『港島トンネル側道の埠頭』と『神戸大橋北側にあるフェリーターミナル周辺』のスポットをご紹介します。

 

ポートアイランド北公園

広い公園の中にあり、トイレや売店等の施設も充実した、もっとも撮影に適した場所です。

神戸大橋の写真

徒歩入口

神戸大橋の写真

駐車場入口

神戸大橋の写真

公園内

駅からは一本道ではありませんが、神戸大橋を通るポートアイランド(鉄道)の高架下を海岸方面へ歩くと公園にたどり着くので、迷うことはありません。

公道から公園の駐車場を通り、敷地内へ入ると神戸大橋の橋脚が見えてきます。

その周囲が主な撮影ポイントでもあります。

対岸には神戸港や神戸の街並み、さらにその向こうには六甲山地を一望できる神戸港屈指のビューポイントとなっています。

 

 

 

神戸港 港島トンネル脇

少々わかりにくい場所にありますが、神戸大橋を間近に真正面から狙えるロケーションです。

数回行きましたが、特に立入禁止の場所ではないようです。

5台ほど車を停められるスペースがあります。

神戸大橋の写真

①突き当りを左折

神戸大橋の写真

②港島トンネルの側道

神戸大橋の写真

③ふ頭の突端が撮影地

  1. 北公園を出て海岸沿いを東へ進み突き当りを左折
  2. 港島トンネルの側道を道なりに進む
  3. 突き当りが駐車スペース

 

 

フェリーターミナル側

フェリーターミナルの敷地の手前か、フェリーを利用の際にふ頭の突端から神戸大橋をねらえるロケーションです。

神戸大橋の写真 神戸大橋の写真 神戸大橋の写真

神戸大橋の北側(神戸駅側)から撮影ができる場所はほとんどありません。もっとも橋に近い場所がこちらのフェリーターミナル周辺となります。

フェリーターミナルの敷地手前付近から撮影する場合は駐車スペースが無いので徒歩で向かうことになります。

ターミナル敷地内は、橋の北側では最も間近に見られる場所ですが、敷地利用者以外は立ち入ることができません。

フェリーを利用する際にふ頭の突端から撮影することになります。

 

 

 

撮影に適した条件

季節問わず、夜間のライトアップされた時間帯がおすすめです。

平常時の夜景も相当きらびやかで魅力がありますが、月に5回前後行われる4本のレーザー照射によるライトアップのタイミングはぜひ意識して出かけてもらいたいと思います。

4つの光源のうち2つは、ポートアイランド北公園の敷地内にあり、すぐそばまで近づく事ができます。

動力の音をうならせて強烈な光を上空に放っている様子は他では見ることができない光景です。

天候が穏やかだとライトアップされた神戸大橋が海面に映る光景も写真におさめることができます。

 

 

 

神戸大橋の写真

神戸大橋の写真 神戸大橋の写真 神戸大橋の写真
神戸大橋の写真 神戸大橋の写真 神戸大橋の写真
神戸大橋の写真 神戸大橋の写真 神戸大橋の写真
神戸大橋の写真 神戸大橋の写真 神戸大橋の写真

 

 

 

 

 

 

 

Translate »

© 2021 momo-Blog Powered by AFFINGER5