写真 撮影地

【絶景日本!美しい日本の風景を撮る】呼子大橋は絶景ポイントの宝庫! ~佐賀~

呼子大橋の写真

  • カメラ       :Sony α7RⅢ
  • レンズ       :Sony Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA
  • 絞り        :f9
  • 露光時間      :333 seconds
  • ISO         :50
  • 焦点距離      :20mm
  • ホワイトバランス  :Mnual
  • フィルター     :None
  • 日付        :February 3 , 1:00 am~

 

私が出会った日本の絶景をご紹介。

今回は佐賀県唐津市にある『呼子大橋』の絶景をご紹介します。

こちらに日本の絶景を集めましたのであわせてご覧ください。

 

 

呼子大橋

■佐賀県唐津市・呼子大橋

  • 住所・・・・・佐賀県唐津市
  • アクセス・・・JR唐津線『唐津駅』から車で30分(18km)
  • 駐車場・・・・撮影地①には有り:85台/撮影地②には無し(駐車スペース有り)
  • 営業時間・・・無し
  • 定休日・・・・無し
  • トイレ・・・・撮影地①には公衆トイレ有り
  • 売店・・・・・無し

イカの活造りで知られる呼子。
その北端にある呼子大橋(よぶこおおはし)は、佐賀県唐津市の離島、加部島と九州本土を結ぶ市道『呼子大橋線』の道路橋です。
1989年4月の開通時には斜張橋としては国内最長を誇っていました。
車道である呼子大橋のたもとには、弁天島に架かる遊歩道である『弁天遊歩橋』が通っており、足元は海、真上には呼子大橋というロケーションの中で散策ができるロケーションです。
周囲は山に囲まれ、山間から海が見えると同時にこの斜張橋が現れる独特の環境にあります。

呼子大橋の写真 呼子大橋の写真

 

 

現地までの行き方

呼子大橋の最寄で分かりやすい駅は、JR唐津線の唐津駅となります。
呼子大橋はわかりやすい場所ではないので、携帯ナビがあると便利です。
ルートは2つ。
海沿いの迂回ルートと、山沿いの直線ルートです。
日中だったら少々遠回りですが、眺めの良い海沿いルートがおすすめです。

呼子大橋の地図

 

呼子大橋の周辺を拡大した地図です。
撮影地は2か所あります。
・撮影地①・・・橋の手前
・撮影地②・・・橋を渡った先

呼子大橋の地図

 

撮影地①

呼子大橋の写真

撮影地①から撮った写真です。

唐津市内から呼子大橋方面へ向かう道はほぼ全区間が山道です。
コンビニは無く、民家もほとんどありません。
いきなり呼子大橋の看板が現れるので見逃さないように注意してください。

呼子大橋の写真 呼子大橋の写真 呼子大橋の写真
①呼子大橋の看板 ②点滅信号を左折 ③橋の手前に駐車場
  1. 山道を走っていると突然現れるこの看板。見逃さないでください。
  2. 坂の上にある交差点です。点滅信号でわかりにくいので注意してください。
  3. 左折するとすぐに橋が見えてきます。その手前左手が駐車場です。

 

駐車場に車を停めたら、橋の脇にある遊歩道を進みます。

呼子大橋の画像 呼子大橋の画像
①橋の側道を降りていきます ③遊歩道を海岸に出た場所が撮影地②
  1. 橋の下の階段を降ります
  2. 遊歩道から海岸へ降ります

夜間の遊歩道は街灯はありますが、暗いうえに階段が急なので、機材を持って降りる場合は慎重に進んでください。
転倒、落下の恐れがあります。

階段を降りると遊歩道から海岸のある岩場へ降りる場所があります。ここも足場が良くないので、夜間の場合は懐中電灯などで足元を照らす必要があります。
満潮時には海岸に降りられない場合もあります。

 

撮影地②

呼子大橋の写真

撮影地②から撮った写真です。

撮影地②へのルートは、撮影地①を通り越して橋を渡った先にあります。

呼子大橋の写真 呼子大橋の写真 呼子大橋の写真
①突き当りを漁港方面へ右折 ②海が見えたら路地を右折 ③ここが撮影地②
  1. 橋を渡り終えたT字路を漁港方面へ右折します
  2. 海が見えたら手前の路地を右折します
  3. 細い道を真っすぐ進むと橋のたもとに到着します

 

撮影地②には駐車場はありませんが、橋のたもとに広い緑地があるのでそこに駐車します。
海岸ぎりぎりに車を停められるので、撮影条件が整うまで待機する場合にはとても便利です。
トイレは無いので、利用する場合は橋を渡った撮影地①の駐車場へ戻るかたちになります。

周囲には売店等はありません。
特に夜間に撮影する場合には、4.5km先のセブン-イレブン(唐津鎮西町名護屋店)が最寄となりますので、買い物は先に済ませておくことをおすすめします。

 

 

撮影に適した条件

季節は問わず、夜間がおすすめです。
撮影地①では、海岸まで降りられることから、海面から橋を見上げるようにパースのかかった迫力のあるアングルで撮ることができます。
橋の照明が明るいので、星の映り込みは難しいと思いますが、流れる雲や月とからめるとより迫力のある写真を撮ることができます。

撮影地②では、夜間から明け方までの時間帯がおすすめです。
晴天の夜間でしたら星の輝跡と橋をセットで。雲があれば流れる雲と、その合間からのぞく星そして呼子大橋の美しい佇まいとをセットで撮ることができます。
日の出は橋の左手から太陽が昇るので、日の出の時間に合わせて少しづつ橋の右手に移動しながら撮影を行うこともできます。

 

 

まとめ

佐賀県北部の小さな漁港に架かる呼子大橋。
山間の道を進むといきなり現れる美しい斜張橋。
のどかな風景にこのような大きくて美しい橋が見られるロケーションは呼子大橋を含めて数えるほどしかありません。
周囲がのどかな分、立ち入り制限も特になく、見たい場所、撮りたい場所へもスムーズに移動できる点も大きな魅力です。

 

 

呼子大橋の写真

 

 

 

Translate »

© 2021 momo-Blog Powered by AFFINGER5